消費者金融アコムCM アツロイド不人気 全盛期小野真弓さん時代か?

アコム不評なCMはどのバージョン?

アコムのCMは作風がユニークなので、新しいものが放送されるたびに話題になります。

お金を借りるという行為に対し、良くないイメージを持っている人もいるでしょう。
そのようなネガティブな印象を払拭することに一役買っているのが実情です。
とはいえ、必ずしもすべてのバージョンも好意的に受け入れられているわけではありません。

ひまわり不人気なバージョンとして有名なのはアツロイドが登場するものです。これは俳優の渡部篤郎をモチーフにしたアンドロイドであり、ユニークさではアコムの歴代でもトップといって過言ではありません。

しかし、その外観に対して気持ち悪いという感想がインターネット上に溢れています。生理的に受け付けないという声も少なくありません。
そもそも渡部篤郎の役に関しても、どのような立ち位置なのか曖昧といった意見が多いです。性格は穏やかで物腰も柔らかいですが、能天気すぎて駄目な面も目立ちます。

不気味なアンドロイドの登場と相まって、マイナスのイメージが先行する形となっているわけです。
これがアコムの印象を下げることに結びつかない懸念されています。
会話の内容も不評であるなど、今後に向けて課題を多く残すことになりました。

全盛期をもたらした女性タレント小野真弓!

アコムのCMのなかで特に人気が高かったのは、小野真弓を起用したバージョンです。
彼女はこの抜擢によって一躍有名になりました。

清潔感しかし恩恵が大きかったのは企業側も同様で、この業界への貢献度も計り知れません。
視聴者からの反響の多さは群を抜いており、消費者金融に付きまとう暗い雰囲気を大きく変えました。
彼女がまとっているポジティブな雰囲気がうまく活かされており、不安に思わなくても大丈夫という感情を喚起してくれます。

これ以降、彼女はグラビアアイドルとして確固たる地位を築きました。
それだけでなく、好感度の高さから引っ張りだこになり、さまざまな番組への出演を果たすことになります。

映画女優としての活躍をはじめとして、飛躍的なキャリアアップを遂げることに成功しました。

アコムの全盛期を作り出した功労者であるのは間違いありません。
以降のバージョンも、小野真弓の影響を受けており、明るさを前面に押し出す作風が定着しました。
しばらくして芸能界における露出度が減りますが、持ち前の爽やかさを活かして通販番組などで熱演しています。

アコムのブランドイメージを上げるにはには、彼女を再び起用するしかないという見解も見受けられます。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)