昔の渡部篤郎さんのアコムCM気持ち悪いと評判?

何を伝えたいのかが分からない?

悩み渡部篤郎さんのようなハンサムで人気の高い俳優を出演させているにも関わらず、CMを実際に見た人が次々に疑問の声を上げてしまう背景には一体何があったのでしょうか。
その一番の原因は、演じたキャッシュレスおじさんの性格や態度に大きな問題があったからかもしれません。

キャッシュレスおじさんはその名に相応しいほど嫌なおじさんを凝縮したようなキャラクターで、女性への絡み方がウザイと感じている方が多かったり、何がしたいのか明確なことが伝わってこなくてイライラするなどの意見が多数をしめているのです。

アコムのCM自体何がしたいのか全然分からない、アコムのCMセンスが絶望的で見苦しいなど散々な意見を目にすることも多く、結局評判は覆ることなくひっそりと終わってしまったことはとても残念に思います。

実際に演じた渡部篤郎さんがこのアコムのCMにどんな思いを抱いているかは誰にも分かりませんが、これだけウザイや気持ち悪いといった意見を見てしまうと、流石にプロとしてのプライドに傷が付いてしまったことは確かでしょう。

アコムがなぜこのような演出を試みたのかは疑問に思いますが、一視聴者に対してインパクトを与えたかったのだとしたら成功しているとも言えるのが皮肉なところでしょう。

空回り感がすごくて見ていて恥ずかしい?

キャパオーバー渡部篤郎さんが出演しているアコムのCMが不評であるといった意見は非常に多いですが、その理由の一つには空回り感を強調させるような作りになっていることが原因のような気がします。

見た目はできる男の象徴のような姿をしているにも関わらず、話し方や説明の仕方がいちいち気持ち悪く感じてしまう、内容が全く入ってこなくて不快感だけが残るなど厳しい意見が続く原因はおそらくそこでしょう。

また、それぞれアコムのCMには全く異なるエピソードが何個か用意されていますが、そのなかでも特に不評だったキャッシュレスおじさん編の悪い点を調べてみると、痛いおじさんが痛い言葉で幼稚な発言を繰り返す、謎演出が多くて必要なことが明確に表現できていないなどかなり辛辣です。

CMを作るにあたっては視聴者にどのようなメッセージ性を伝えるかが大きなポイントになるのですが、ここまで批判されてしまう理由には、アコムが伝えたかったことを満足に演出できるだけの力が無かったことにあるのかもしれません。

人を不快にさせるような演技指導を徹底していたのかもしれませんが、見る側がその意図を明確に理解できるような作りになっていないとただ痛いイメージで終わってしまうので、これからは見ていて分かりやすい、目が離せないと思えるような演出力を期待したいものです。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)