お金を無心する人の考え方とは?

言えない理由お金を入手するには様々な方法がありますが、なぜ無心する考えに至ってしまうのか、そこには人には言えない理由が含まれている場合があります。

過去にローンの支払いが滞ったり、自己破産などの経験がある人は金融機関に融資を申し込んでも審査に落ちてしまうのが定説です。

もうひとつは例えば返済期限が迫っているなど切羽詰まった状態で、金融機関で手続きをしたり審査結果を待つ時間的余裕が全くない場合もあります。

そんな時には他にお金を手に入れる手段が無いため、無心をする以外に方法が思いつかないことが考えられます。

一方、それらの問題が無かったとしても、安易に他人にお金を無心する場合があります。これは金融機関ならば返済期間や利子が定められているのに加えて審査や手続きも必要ですが、他人に無心をする場合はそれらの決まりごとが無いため、返済期間を無期限にしたり、利子も無くお金を手に入れられるという目論見があります。

必要な理由が事業を真面目に経営していた中でも致し方なく負ってしまった借金ならいざ知らず、ギャンブルや遊興費であれば問題です。

いずれにしても相手に対しての甘えがあり、ここで楽をしてしまえばその後も安易になりずるずると引きずってしまう可能性もあります。

このような人物は自制心や計画性に乏しいケースが圧倒的に多く、他の分野でも他人に迷惑をかけてしまいがちです。

本当に必要なら理由を正直に話すことの必要性

お金を他人に借りる時には、誰でもクズだとは思われたくないものです。

そこで正当な理由があるのなら、正直に話せば一定の理解を得られる可能性があります。真面目に事業を営んでいたとしても、取引先の問題から借金を背負ってしまうケースもあり得ます。

また、突然の事故や病気などのアクシデントでどうしてもお金が必要な日が来ないとも言い切れません。そのような理由を話せば、決してクズなどとは思わず、出来ることがあれば助けたいという気持ちにさせます。

突然の事故

ここで問われる可能性があるのが、まずは金融機関を利用しないのかという疑問ですが、過去に支払いが滞ったり自己破産の経験があるのなら、できれば正直に話して支援を求めるのも一考ですが、もしもそのような内容をフランクに話せない間柄であれば、伏せておくことが良い場合もあります。

もうひとつ重要なのが返済の意思や期間を明示する事です。大きなお金ならばなおさら、相手はいつ返済されるのか不安に思ってしまいます。

そこでお金を借りる際には毎月いくらなら返済できるのか、あるいはいつまでに全額を返済できるのか誠意を示せば、相手も安心して貸すことができます。

いずれにしても個人を相手に借りるのはハードルが高く、繊細な人間関係に対応する必要があります。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)