結婚式の二次会の景品のハズレ無しについて

二次会の景品で何をだそうかといろいろと思案してしまいます。幹事の悩みは尽きません。

幹事の悩み

的が外れたようなものだと二次会を台無しにしてしまいます。
そうとはいえ結婚式の披露宴でのものほど高価なものはよくないです。

手頃でハズレ無しで喜ばれるのを探す必要があります。

結婚式で盛り上がる二次会ビンゴ景品とは

今はビンゴ景品や二次会景品がとても様々な商品がございます。その中でもリムジンクルージングという二次会景品までもあります。今後も色々出てきそうですね。二次会の景品は和牛で盛り上がろうというような食品系もございます。また最近では結婚式だけでなく忘年会忘年会景品にも使われています。

それに最適なのは、カタログギフトです。

カタログギフトはその内容が豊富です。

グルメから体験もの、雑貨や洋服まで百貨店で扱うものであれば
ほとんどでフォローしていますし、それ以外にも販売会社によっては
百貨店以上の商品の豊富さが売りで自分で選べるので
ハズレ無しともいえます。

選べる自由度

またこの景品はグレードをあげて金額をあげることもできますし、
それなりの金額で例えば5000円で納めることも可能なので
この景品を選ぶ幹事もあれこれと悩まずにいいです。

ただしあまりにも高価なカタログギフトだと結構式の
引出物よりもいいものになるのも問題ですので、
1万円までが無難とも思われます。

引き出物の由来や意味は?タブーの品物は?

引き出物は、主に結婚披露宴や祝賀会などのおめでたい場で
主催者から出席者に送られる品物のことで、平安時代に貴族が
宴の成功を祝して、会に招いた人の庭先に馬を引き出して
贈っていた出来事が由来といわれています。

贈り物は、時代の流れとともに馬から金品が中心となり、
今日ではさまざまなものが引き出物に選ばれています。

引き出物の選び方は催し物の性質や、参加者の構成や
関係性などによって変わってきます。

例えば、結婚披露宴は引き出物が贈られる代表的なイベントの
一つですが、そこでは記念品・お菓子・縁起物の3種類を
1セットにして出席者に贈られることが多いです。

記念品には食器やバスタオル、入浴剤セットなどが、
お菓子はバウムクーヘンや和菓子が、縁起物としては
鯛や昆布、うどんなどがよく選ばれています。

また、近年はカタログ式のギフト持ち運びが楽で
不満が出ることが少ないため、人気があります。

一方で、引き出物を選ぶ際には、刃物やクシなどと
いった「縁起が悪い」とされているものはタブーと
されています。

また、重量やサイズが大きい物と、かさばりやすい物は
タブーとまではいきませんが、参加者が持ち帰るのに困る
可能性があるので避けたほうが良いです。

どうしても贈りたい場合は、後日宅配する形を
とるようにしましょう。